芸能人・経営者のおくやみ情報

岡留安則 氏(おかどめやすのり)

編集人[日本]

(長年「噂の眞相」の編集長を務めた)

2019年 1月31日 死去右上葉肺がん享年73歳

岡留 安則(おかどめ やすのり、1947年11月23日 - )は元『噂の眞相』編集長・発行人、ジャーナリスト。
来歴・人物 鹿児島県曽於郡末吉町生まれ。
宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校では野球部に所属。
法政大学社会学部入学後、学生運動の闘士となり、大学3年のとき構造改革左派のプロレタリア学生同盟に参加。
1970年に卒業後、70年安保を境に学生運動から脱落。
同法学部に学士入学し、在学中は高田馬場で土方のアルバイトを経験。
1972年卒業。
赤石憲彦率いる東京アドエージに入社し、以後2年半、業界紙の編集に携わる。
1975年に退社し、新島史と共同で『マスコミ評論』を創刊、編集長となる。
しかし、その後編集方針で新島と対立するようになり、1978年、5人のスタッフともども新島に追放された。
周囲に資金援助を仰ぎ、3000万円を集めて東京新宿に事務所を借り、反権力スキャンダル雑誌を売りとする月刊誌『噂の眞相』を1979年3月に創刊。
1980年、『噂の眞相』は皇室ポルノ事件で広告の多くを失い危機に陥るが、その後は広告を頼りにしない方針で立ち直り、休刊まで黒字を維持した。

ジャーナリスト。 2004年で休刊した「噂の真相」の代表取締役兼編集長を務める。1947年生まれ、鹿児島県出身。現在は沖縄に移住し、フリーの立場でさまざまな仕事をこなす。元「マスコミ評論」編集長だったが、編集方針の違いなどから同僚と袂を分かち、1979年に「噂の真相」を創刊する。 (引用元 Hatena Keyword)

「岡留安則」と関連する人物(故人)