芸能人・経営者のおくやみ情報

南洋一郎 氏(みなみよういちろう)

作家[日本]

1980年 7月14日 死去享年88歳

南 洋一郎(みなみ よういちろう、1893年1月20日 - 1980年7月14日)は、日本の作家、冒険小説家。
教員として東京府東京市牛込区余丁町尋常小学校などで訓導を務めた。
東京府出身。
本名は池田宜政(いけだ よしまさ)。
南洋一郎以外にも池田宣政(いけだ のぶまさ)、荻江信正(おぎえ のぶまさ)等の筆名を持ち、数々の著作を発表した。
東京府青山師範学校(現・東京学芸大学)卒業。
クリスチャンであった(1915年受洗)。
12歳で父を亡くし、高等小学校卒業後、学校からの紹介で小石川の商家に住み込み奉公へ出る。
働く合間に独学で学んでいたが、約1年で体調を崩してしまい、帰郷する。
再び働くため、1907年(明治40年)、満鉄(南満州鉄道)に入社、給仕として働きながら、英語学校の夜間部で学ぶ。
1910年、青山師範学校入学。
1913年、師範学校を卒業、麻布で小学校教師となる。
1917年、アテネ・フランセでフランス語・ラテン語を学ぶ。
1924年(大正13年)、語学力を買われて、デンマーク・コペンハーゲンで開催されたジャンボリー(ボーイスカウト世界大会)に派遣される。

みなみ-よういちろう 1893-1980昭和時代の児童文学作家。明治26年1月20日生まれ。小学校教諭のかたわら「少年倶楽部(クラブ)」に投稿してみとめられる。昭和前期に「偉人野口英世」などの伝記,「吼(ほ)える密林」などの冒険小説をかき人気を博した。昭和55年7月14日死去。87歳。東京出身。青山師範卒。本名は池田宜政(よしまさ)。筆名は別に池田宣政(のぶまさ),荻江信正。 (引用元 コトバンク)

「南洋一郎」と関連する人物(故人)