芸能人・経営者のおくやみ情報

梅原猛 氏(うめはらたけし)

哲学者[日本]

(ものつくり大学初代総長)

2019年 1月12日 死去享年95歳

梅原 猛(うめはら たけし、1925年3月20日 - )は、日本の哲学者。
ものつくり大学総長(初代)、京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
東日本大震災復興構想会議特別顧問(名誉議長)。
碧南市哲学たいけん村無我苑名誉村長。
立命館大学文学部教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長(初代)、社団法人日本ペンクラブ会長(第13代)などを歴任した。
龍谷大学文学部の講師を経て、立命館大学文学部の講師、助教授、教授を歴任した。
その後、京都市立芸術大学に転じ、美術学部の教授を経て学長に就任した。
その後、「国際日本文化研究センター(仮称)創設準備室」の室長として国際日本文化研究センターの創設に尽力し、設立後は所長に就任した。
実存哲学について研究に取り組み、その後、「梅原日本学」と呼ばれる独自の世界を開拓した。
また、「スーパー歌舞伎」「スーパー能」を創作するなど、幅広い活動を行っている。
これらの業績が評価され、文化功労者に選出され、のちに文化勲章を受章した。
京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授、京都市名誉市民の称号を贈られている。

うめはらたけし [生]1925.3.20.仙台哲学者,作家。1948年京都大学哲学科卒業。龍谷大学,立命館大学で講師を務めたのち,1967年立命館大学教授,1972年京都市立芸術大学教授,1974年同大学学長。この間,1967年に『地獄の思想』で日本精神の伝統について独自の史観を披瀝,1972年『隠された十字架──法隆寺論』では聖徳太子怨霊説を説いて毎日出版文化賞を受賞。さらに1973年大仏次郎賞受賞作『水底の歌──柿本人麿論』でも新たな柿本人麻呂像を世に問うた。一方,国際日本文化研究センターの設立にも尽力し,1987年初代所長に就任。その後も日本古代史の再検討に打ち込み,縄文文化やアイヌ,沖縄の文化にも強い関心を寄せて「縄魂弥才」をキーワードに日本人の精神文化を探究,1989年『日本人の「あの世」観』にまとめた。そのほか3世市川猿之助のために『ヤマトタケル』(1986)を書き下ろすなど(→スーパー歌舞伎),多彩な創作活動を続ける。2001年に開校したものつくり大学の初代総長。1999年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)