芸能人・経営者のおくやみ情報

フレデリック・エイベルFrederick Augustus Abel

化学者[イギリス]

1902年 9月6日 死去享年76歳

フレデリック・エイベル - ウィキペディアより引用

サー・フレデリック・オーガスタス・エイベル准男爵(英: Sir Frederick Augustus Abel, 1st Baronet、1827年7月17日 – 1902年9月6日)は、イギリスの化学者。
姓はアーベルと表記されることもある。
火薬類の化学に関する権威。
ニトロセルロースの安全な取り扱いに成功し、この物質が広く用いられるようになるきっかけを作った。
また、デュワーと共同で無煙火薬の一種「コルダイト」を発明したが、その特許をめぐってノーベルに訴えられた。
ほか、鉄鋼に関する研究なども行なった。
生涯 エイベルは1827年7月17日、ロンドンで生まれた。
父親は音楽家、祖父はメクレンブルク=シュヴェリーン大公に仕えた画家だったというが、エイベルはベルセリウスの教え子であった叔父の影響で自然科学を学ぶようになった。
1845年、創立されたばかりの王立化学カレッジでホフマンの薫陶を受けた。
1851年までそこに留まり、次いで一時期セントバーソロミュー病院で化学講師を務めた後にファラデーの後任として陸軍士官学校の化学教授となった。