芸能人・経営者のおくやみ情報

谷川雁 氏(たにがわがん)

詩人評論家[日本]

1995年 2月2日 死去肺がん享年73歳

谷川 雁(たにがわ がん、本名:谷川 巌(たにがわ いわお)、1923年12月25日 - 1995年2月2日)は日本の詩人、評論家、サークル活動家、教育運動家。
社会主義的なリアリズムを基調とにした詩人として知られ、評論集「原点が存在する」「工作者宣言」は1960年代の新左翼陣営に思想的な影響を与えた。
熊本県水俣市に六人兄妹の次男として生まれる。
兄は民俗学者の谷川健一、弟に東洋史学者の谷川道雄、日本エディタースクール創設者の吉田公彦。
旧制熊本中学、第五高等学校を経て、1945年、東京大学文学部社会学科卒。
戦後、西日本新聞社に勤務。
同人誌「九州詩人」「母音」に詩を発表し、安西均、那珂太郎などと交遊。
1947年、日本共産党に入党すると大西巨人、井上光晴らと活動し、新聞社を解雇される。
1954年、第一詩集「大地の商人」を刊行。
1956年、第二詩集「天山」、1960年「定本谷川雁詩集」を刊行、その“あとがき”で「私の中の『瞬間の王』は死んだ」として、以後詩作しないことを宣言する。

詩人、評論家、サークル思想家。 本名:谷川巌(タニガワイワオ)。六人兄妹(四男二女)の次男。民俗学者の谷川健一は兄。弟に東洋史学者の谷川道雄、編集者の吉田公彦がいる。 大正12年12月16日(戸籍上は25日)に熊本市水俣で生まれる。平成7年2月2日肺ガンにより死去。享年71歳。  (引用元 Hatena Keyword)