芸能人・経営者のおくやみ情報

ミケーレ・アルボレート 氏Michele Alboreto

レーシングドライバー[イタリア]

2001年 4月25日 死去練習走行中の事故享年46歳

ミケーレ・アルボレート - ウィキペディアより引用

ミケーレ・アルボレート(Michele Alboreto, 1956年12月23日 - 2001年4月25日)は、イタリアミラノ出身のレーシングドライバー。
F1やル・マン24時間レースなどで活躍した。
F1デビュー前 1978年にイタリアF3に参戦を開始。
1980年ヨーロッパF3でチャンピオンを獲得。
ティレル時代 1981年ティレルよりF1デビュー。
この年はノーポイントに終わった。
1982年第2戦ブラジルGPで4位に入り、初入賞。
続くアメリカ西GPでも4位に入ると、第4戦サンマリノGPでは3位入賞、3戦連続のポイント獲得と共に初表彰台を達成した。
その後何度かの入賞を経て、最終戦ラスベガスGPでF1初優勝を飾った。
1983年第7戦デトロイトGPで優勝し2勝目。
この勝利は、フォード・コスワース・DFVエンジン(スペックは進化バージョンのDFYエンジン)の最後の勝利(通算155勝目)であるとともにティレル最後の勝利(通算23勝目)でもある。

Michele Alboreto 1956年12月23日〜2001年4月26日 元F1ドライバー。1980年ヨーロッパF3チャンピオン。 通算出走回数194戦、優勝5回、PP2回、FL5回。 1956年、イタリア生まれ。 1981年、ティレルでF1デビュー。 1982年、最終戦アメリカGPで、F1初優勝。 1983年、アメリカ東GPで、F1通算2勝目*1。 1984年、フェラーリ移籍。 1985年、自己最高のランキング2位。 1989年、ティレル復帰。 1990年、フットワーク移籍。 1993年、ローラ移籍。 1994年、ミナルディ移籍。 同年、F1引退。 1997年、ル・マン24時間耐久レースで優勝。 2001年、ドイツ、ラウジッツリンクにてル・マン24時間耐久レースのために行っていたテスト走行中の事故で事故死。 (引用元 Hatena Keyword)