芸能人・経営者のおくやみ情報

外村繁 氏(とのむらしげる)

作家[日本]

1961年 7月28日 死去上顎がん享年60歳

外村繁 - ウィキペディアより引用

外村 繁(とのむら しげる、1902年(明治35年)12月23日 - 1961年(昭和36年)7月28日)は、日本の小説家。
本名は外村 茂(とのむら しげる)。
出自である近江商人を題材にした小説や、私小説を多く発表した。
第1回芥川龍之介賞候補となったほか、池谷信三郎賞、野間文芸賞、読売文学賞といった各賞を受賞している。
滋賀県神崎郡南五個荘村金堂(現在の東近江市五個荘金堂町)出身。
金堂は近世から近代にかけて近江商人発祥地として栄えた土地で、外村自身、江戸時代から代々続く木綿問屋の三男として生まれ、保守的な環境で育つ。
滋賀県立膳所中学校卒業。
第三高等学校卒業。
東京帝国大学経済学部卒業(本人は文学部志望であったが、親の意向で経済学部に進学していた)。
大学在学中、第三高等学校時代から親交のあった梶井基次郎や中谷孝雄らと同人誌「青空」を創刊。
大学卒業後、父親が急逝したため家業を継ぐが、やがて弟に家業を譲り、1933年に阿佐谷へ移って小説家として再出発し、『鵜の物語』を発表。

とのむらしげる [生]1902.12.23.滋賀,南五箇荘[没]1961.7.28.東京小説家。本名,茂。第三高等学校を経て1927年東京大学経済学部卒業。5年間家業の呉服木綿問屋を経営。その後弟に店を譲って小説を書きはじめ,『鵜の物語』(1933)などの「商店もの」で注目された。代表作は3部作『草筏』(35~39),『筏』(54~56),『花筏』(57~58)や,『落日の光景』(60),『澪標(みおつくし)』(60)など。 (引用元 コトバンク)

「外村繁」と関連する人物(故人)