芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョセフ・スミス・ジュニアJoseph Smith, Jr.

宗教家、モルモン教 設立者[アメリカ]

1844年 6月27日 死去射殺享年40歳

ジョセフ・スミス・ジュニア - ウィキペディアより引用

ジョセフ・スミス・ジュニア(英語:Joseph Smith, Jr.、1805年12月23日 - 1844年6月27日)は、アメリカ合衆国のバーモント州ウィンザー郡シャロンの町で生まれた、末日聖徒イエス・キリスト教会(俗称モルモン教)の設立者である。
ジョセフ・スミス・ジュニアは、1805年にバーモント州ウィンザー郡シャロンで、ジョセフ・スミスとルーシー・マック・スミスの間に生まれた。
彼には10人の兄弟姉妹がいた。
両親は信仰深く、ジョセフはキリスト教的な環境で育てられた。
当時、ニューヨーク州では、キリスト教の各宗派が対立し、会員獲得のための争いが起こっていた。
14歳だった少年ジョセフはどの教会に加入するべきか迷い、正しい教会がどれであるか知りたいと願った。

ジョセフは聖書に答えを求めて、「あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。

Joseph Smith, Jr. 1805年12月23日〜1844年6月27日 アメリカの19世紀の宗教家。末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)の設立者。 著書に「モルモン書」などがある。 (引用元 Hatena Keyword)