芸能人・経営者のおくやみ情報

保利茂 氏(ほりしげる)

政治家[日本]

1979年 3月4日 死去享年79歳

保利茂 - ウィキペディアより引用

保利 茂(ほり しげる、1901年(明治34年)12月20日 - 1979年(昭和54年)3月4日)は、日本の政治家。
衆議院議員(12期)、内閣官房長官(第8代)衆議院議長(第59代)、労働大臣(第45、46代)、農林大臣(第19代)、自由民主党幹事長(第12代)、自由民主党総務会長(第7代)を歴任。
来歴・人物 佐賀県東松浦郡鬼塚村(現唐津市)の零細農家に生まれる。
苦学して中央大学経済学部経済学科を卒業後、報知新聞、東京日日新聞(現在の毎日新聞)に入社し新聞記者生活を送る。
その後農林大臣などをつとめ「雪隠詰の謀将」として知られた山崎達之輔の秘書となり、農林関係の会社に勤めた後、1944年12月の衆議院補欠選挙で郷里の佐賀から立候補し、対立候補が出ず無投票当選を果たした。
戦後保利は日本進歩党に所属、GHQによる公職追放の嵐が吹き荒れる中行われた第22回衆議院議員総選挙では、党の所属議員274名中260名が追放の処分となる中当選を果たした。

政治家。(1901年〜1979年) 佐賀県出身。 自民党隆盛期にもっとも活躍した政治家。特に佐藤栄作の側近で佐藤首相下で自民党幹事長を歴任した。晩年は衆院議長を務めた。死後、実子の保利耕輔が地盤を就いた。なお、1975年に衆院永年勤続表彰を受けた。 (引用元 Hatena Keyword)