芸能人・経営者のおくやみ情報

川北紘一 氏(かわきたこういち)

特撮監督[日本]

2014年 12月5日 死去肝不全享年73歳

川北 紘一(かわきた こういち、1942年12月5日 - 2014年12月5日)は、日本の特撮監督、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパン代表取締役。
東京都中央区日本橋出身。
中学生のときに映画『地球防衛軍』を封切で観て感激し、特撮の道を目指す決心をする。
1960年(昭和35年)、中野電波高等学校を卒業。
国際短期大学に入学後、映画界への憧れから、東宝の撮影所でアルバイトをする。
1962年(昭和37年)、大学を中退し、東宝に入社。
本社勤務を勧められるが、特撮現場への配属を希望し、撮影部特殊技術課に入り、円谷英二に師事。
同年、『妖星ゴラス』から、撮影助手として特撮現場に加わる。
1963年(昭和38年)、手薄となった光学撮影部門に移動、光線作画などに従事。
以後、光学合成を主に担当する。
1965年(昭和40年)、円谷特技プロダクションのテレビ映画『ウルトラQ』第12話「鳥を見た」で合成を手掛け、これがテレビ番組での初仕事となる。

日本の特撮監督。1942年12月5日、東京都生まれ。東宝株式会社に入社し、特技監督(特殊技術監督、特撮監督)である円谷英二らに師事する。72年、テレビドラマ「ウルトラマンA」(TBS)で特撮を初めて手がけた。76年、「大空のサムライ」(丸山誠治監督)で初めて映画の特技監督を務める。89年、師の円谷英二が特技監督を務めた映画「ゴジラ」シリーズの17作目となる「ゴジラVSビオランテ」(大森一樹監督)で特技監督となり、95年の「ゴジラVSデストロイア」(大河原孝夫監督)まで計6つのゴジラ作品で特技監督を務めた。91年、日本アカデミー賞特殊技術賞を受賞。92年、アジア太平洋映画祭特殊効果賞を受賞。2003年、株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンを設立。03年~06年には「超星神シリーズ」(テレビ東京)の特撮演出を担当するなど、多くの映画・テレビ作品などで特撮を手がけた。14年12月5日、肝不全のため死去。享年72。 (2014-12-15) (引用元 コトバンク)