芸能人・経営者のおくやみ情報

ホルスト・ブッフホルツ 氏Horst Buchholz

俳優[ドイツ]

2003年 3月3日 死去肺炎享年71歳

ホルスト・ブッフホルツ - ウィキペディアより引用

ホルスト・ブッフホルツ(Horst Buchholz, 1933年12月4日 - 2003年3月3日)はベルリン出身のドイツの俳優。
ホルスト・ブーフホルツとも表記されている。
日本では黒澤明監督の映画『七人の侍』をハリウッドでリメイクした映画『荒野の七人』(1960年)で広く知られている。
戦後ドイツ映画界が産んだ国際俳優の1人。
15歳で初舞台に立ち、舞台とラジオで活躍した後、1952年に映画デビュー。
1950年代には「ドイツのジェームス・ディーン」と呼ばれ、人気を博した。
1957年に出演した旧西ドイツ映画『Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull』(日本未公開。
英語題名は『The Confessions of Felix Krull』)は第15回米国ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞。
1960年代にはハリウッドに進出し、一躍国際的に名が知られるようになった。
1961年の映画『ファニー』は第34回米国アカデミー賞で作品賞など各賞にノミネートされている。

「ホルスト・ブッフホルツ」と関連する人物(故人)