芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン・ヴィゴJean Vigo

映画監督[フランス]

1934年 10月5日 死去敗血症享年30歳

ジャン・ヴィゴ - ウィキペディアより引用

ジャン・ヴィゴ(Jean Vigo, 1905年4月26日 - 1934年10月5日)は、フランス・パリ出身の映画監督。
来歴・人物 父親はアナーキストのウジェーヌ・ボナヴァンチュール・ド・ヴィゴ(Eugène Bonaventure de Vigo)。
ヴィゴが12歳のときに獄中の独房で自殺している。
若い頃から肺結核を病んでおり、29歳の時に敗血症で死亡。
26歳の時に結婚、娘が一人いた。
29歳で夭折したため4本しか映画を撮っておらず、劇映画は長編と中編との二本しか残せなかった(他の二本はドキュメンタリーとニュース映画)。
ただし、二本とも映画史における驚異と言うべき傑作である。
全部合わせて3時間と少しのフィルムしか残さず、フランス映画に大きく寄与したことが、「呪われた映画作家」と呼ばれ、詩人のアルチュール・ランボーと比較される。
特に『新学期・操行ゼロ』は検閲当局を刺激し、上映禁止の処分を受け、死後の1946年まで続く。
ヌーヴェルヴァーグの面々を始め多くの人々から敬愛を集めており、フランスでは彼の偉業にちなんで新人監督を対象としたジャン・ヴィゴ賞が設けられている。

Jean Vigo  フランスの映画監督。  1905年4月25日生まれ。  1934年10月5日没。  代表作にジャン・ダステ?主演の『新学期・操行ゼロ?』(1933年)と『アタラント号』(1934年)があり、戦後に再評価され、ヌーヴェル・ヴァーグに影響を与えた。 監督作: ニースについて?(1930年) 水泳選手ジャン・タリス?(1931年) 新学期・操行ゼロ? (1933年) アタラント号 (1934年) (引用元 Hatena Keyword)

「ジャン・ヴィゴ」と関連する人物(故人)