芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ハリソンWilliam Henry Harrison

政治家、アメリカ合衆国第9代大統領[アメリカ]

1841年 4月4日 死去肺炎享年69歳

ウィリアム・ハリソン - ウィキペディアより引用

ウィリアム・ヘンリー・ハリソン(英語: William Henry Harrison, 1773年2月9日 - 1841年4月4日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家で、第9代アメリカ合衆国大統領である。
1811年のティピカヌーの戦いでの勝利で名声を獲得したため、「ティピカヌー」あるいは「オールド・ティピカヌー」の愛称で呼ばれた。
他の多くの初期の大統領と同様に、バージニアのプランテーション所有者だった。
当時としては高齢の68歳で大統領に就任したもの、在任期間わずか1ヶ月で死去した。
また、アメリカ独立宣言の前に生まれた(つまり生まれながらの合衆国市民でない)最後の大統領であった。
生涯 生い立ちと軍歴 1773年2月9日にバージニア州チャールズシティ郡のバークレー・プランテーションで生まれた。
ベンジャミン・ハリソンとエリザベス・バセット夫妻の7人の子供の末子で、3番目の息子だった。
一家はバークレー・プランテーションでも著名な政治家一家で、父親は大陸会議で独立宣言へ署名を行い、1781年から84年までバージニア州知事を務めた。

William Henry Harrison (1773年2月9日 - 1841年4月4日) アメリカ合衆国第9代アメリカ大統領(1841年 - 1841年) 就任期間は1ヶ月と歴代大統領の中では最短。原因は寒中の屋外で長々と就任演説を行い、それが元で風邪をこじらせ急死したため。 ※表記ゆれ:ウィリアム・ハリソン (引用元 Hatena Keyword)