芸能人・経営者のおくやみ情報

北条秀司 氏(ほうじょうひでじ)

作家演出家[日本]

(本名・飯野秀二)

1996年 5月19日 死去肝不全享年95歳

北条秀司 - ウィキペディアより引用

ほうじょうひでし [生]1902.11.7.大阪[没]1996.5.19.鎌倉劇作家,演出家。本名飯野秀二。1927年関西大学専門部文科卒業。箱根登山鉄道に入社。33年より岡本綺堂に師事,雑誌『舞台』に寄稿した『表彰式前後』(1936)が翌年新国劇で上演され,作家としてスタート。37年従軍作家として中国に渡る。40年『閣下』で新潮社文芸賞を受賞(井上正夫演劇道場上演)。庶民を対象に「平凡のことを書いて人の心を動かす」(大仏次郎)といわれ,『だんじり囃子』(43),『文楽』(48),『王将』(3部作,47~50),『霧の音』(51)その他のヒット作を生み出した。『北条秀司戯曲集』(8巻,61~63),『北条秀司劇作史』(74)ほかの著がある。64年日本演劇協会会長に就任し,93年までつとめた。1987年文化功労者。 (引用元 コトバンク)