芸能人・経営者のおくやみ情報

レイモンド・ローウィ 氏Raymond Loewy

デザイナー[フランス→アメリカ]

1986年 7月14日 死去享年94歳

レイモンド・ローウィ - ウィキペディアより引用

レイモンド・ローウィ(Raymond Loewy 、1893年11月5日 - 1986年7月14日)は、フランス、パリ出身のデザイナー、フランス軍大尉。
主にアメリカ合衆国で活動し、インダストリアルデザインの草分けとして知られる。
「口紅から機関車まで」と言われるように様々な分野で活躍した。
フランス語読みではレーモン・レヴィ。
1893年、パリで生まれる。
始めは電気工学を学んだ。
第一次世界大戦後の1919年にニューヨークへ渡り、メイシー百貨店などの店舗装飾やハーパース・バザー誌でファッション・イラストレーション、グラフィックなどの仕事を始めた。
1920年代半ばにデザインを請け負う事務所を開設する。
1929年、ジグムント・ゲシュテットナー社の複写機のデザインを手がけ、これが評判になり大きく売り上げを伸ばした。
それまでの複写機はむき出しの機械であったが、カバーを取り付け機能的な外観デザインにまとめたことで、工業製品におけるインダストリアル・デザインの重要性が注目を集めた。