芸能人・経営者のおくやみ情報

アドルフ・フォン・バイヤーAdolf von Baeyer

化学者[ドイツ]

(「有機染料およびヒドロ芳香族化合物の研究」でノーベル化学賞受賞)

1917年 8月20日 死去享年83歳

アドルフ・フォン・バイヤー - ウィキペディアより引用

ヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・アドルフ・フォン・バイヤー(Johann Friedrich Wilhelm Adolf von Baeyer, 1835年10月31日 - 1917年8月20日)は、ドイツの化学者。
色料のインディゴを合成した。
1905年に「有機染料およびヒドロ芳香族化合物の研究」によってノーベル化学賞を受賞した。
ベルリンに生まれ、ベルリン大学で最初数学と物理学を学んだが、ハイデルベルク大学に移って、ロベルト・ブンゼンの下で化学を学んだ。
ハイデルベルクのアウグスト・ケクレの研究室で学び1858年学位を取得した。
ケクレがヘント大学に移ると、バイヤーもそれについていった。
1860年ベルリン商科大学の講師になり、1866年ベルリン大学の助教授を経て、1871年ストラスブール大学の教授になった。
1875年ユストゥス・フォン・リービッヒの後をついでミュンヘン大学の化学の教授になった。
1881年、王立協会からインディゴの合成に対してデービーメダルを授与され、1885年には王立協会の外国人会員に選出された。