芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコロ・パガニーニNiccolò Paganini

バイオリン奏者作曲家[イタリア]

1840年 5月27日 死去享年59歳

ニコロ・パガニーニ - ウィキペディアより引用

ニコロ・パガニーニ(Niccolò(あるいはNicolò) Paganini, 1782年10月27日 - 1840年5月27日)はイタリアのヴァイオリニスト、ヴィオリスト、ギタリストであり、作曲家である。
特にヴァイオリンの超絶技巧奏者として名高い。
パガニーニがヴァイオリンを弾き始めたのは5歳の頃からで13歳になると学ぶべきものがなくなったといわれ、その頃から自作の練習曲で練習していた。
それら練習曲はヴァイオリン演奏の新技法、特殊技法を駆使したものと言われる。
そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。
そのため彼の出演する演奏会では聴衆は本気で十字を切ったり、本当にパガニーニの足が地に着いているか彼の足元ばかり見ていた観客もいたという。
少年時代から病弱であったが、1820年に入ると慢性の咳など体調不良を訴え、『毒素を抜くため』に下剤を飲み始める。
1823年には梅毒と診断されて水銀療法とアヘンの投与が開始された。