芸能人・経営者のおくやみ情報

長洲一二 氏(ながすかずじ)

経済学者・マルクス経済学、神奈川県知事[日本]

1999年 5月4日 死去脳梗塞享年81歳

長洲 一二(ながす かずじ、1919年7月28日 - 1999年5月4日)は、日本の政治家、経済学者。
専門はマルクス経済学。
神奈川県知事(民選第8・9・10・11・12代)、地方分権推進委員会委員、神奈川県国際交流協会会長、かながわ学術研究交流財団理事長、湘南国際村協会社長などを歴任した。
位階勲章は従三位勲一等瑞宝章。
東京府東京市神田区(現在の東京都千代田区神田)出身。
安田商業学校(現:安田学園中学校・高等学校)を卒業後、1937年に日本銀行入行、1939年に退職し、1941年に横浜高等商業学校(現:横浜国立大学)を卒業する。
1944年には東京商科大学(現:一橋大学)を卒業。
1944年、三菱重工業に入社。
同年、短期現役士官として大日本帝国海軍に入隊し、海軍経理学校に入学。
海軍少尉などを経て、1945年、海軍経理学校を卒業した。
同年、終戦に伴い東京商科大学特別研究生に着任。
1949年に横浜国立大学講師、1951年に同助教授、1963年に同教授、1964年に同経済学部長にそれぞれ着任した。

ながす-かずじ 1919-1999昭和後期-平成時代の経済学者,政治家。大正8年7月28日生まれ。昭和38年横浜国大教授。50年革新統一候補として神奈川県知事に当選し,5期つとめる。中央集権型行財政をあらためる「地方の時代」を提唱。57年全国の都道府県にさきがけて情報公開条例を制定。平成11年5月4日死去。79歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に「日本経済入門」など。 (引用元 コトバンク)