芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ポパー 氏Karl Raimund Popper

哲学者[オーストリア→イギリス]

1994年 9月17日 死去享年93歳

カール・ポパー - ウィキペディアより引用

カール・ライムント・ポパー(Sir Karl Raimund Popper、1902年7月28日 - 1994年9月17日)は、オーストリア出身イギリスの哲学者。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を歴任。
社会哲学や政治哲学にも言及した。
純粋な科学的言説の必要条件としての反証可能性を提唱した。
精神分析やマルクス主義を批判。
ウィーン学団には参加しなかったものの、その周辺で、反証主義的観点から論理実証主義を批判した。
また、「開かれた社会」において全体主義を積極的に批判した。
生涯 ポパーは1902年にウィーンの中流家庭で生まれた。
元来がユダヤ系だった両親はキリスト教に改宗しており、ポパーもまたルター派の教育を受けた(ちなみに彼の父は愛書家で、書斎には1万2千から1万4千冊の本を蔵していたらしい。
)。
1928年にウィーン大学にて哲学の博士号を取得し、1930年からの6年間、中学校で教鞭を取った。
その1年後、『科学的発見の論理』 (Logik der Forschung) で心理学主義や自然主義や帰納主義それから論理実証主義を批判した。

カール・ポパー (Sir Karl Raimund Popper 1902-1994) オーストリア出身。イギリスの科学哲学の哲学者。 科学の合理性の基準を反証可能性に求める反証主義の提唱者として有名。 (引用元 Hatena Keyword)