芸能人・経営者のおくやみ情報

赤堀四郎 氏(あかほりしろう)

化学者[日本]

1992年 11月3日 死去老衰享年93歳

赤堀 四郎(あかほり しろう、1900年10月20日 - 1992年11月3日)は、日本の生化学者(生物有機学)。
勲等は勲一等。
学位は理学博士(東北帝国大学・1931年)。
大阪大学名誉教授。
日本学士院会員、大阪大学総長、理化学研究所理事長などを歴任した。
苦学しながら醤油の香り成分の研究などで業績を残した。
日本学士院会員、大阪大学総長、理化学研究所理事長を歴任し、勲一等を贈られた。
日本学士院、ドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナ、ソビエト連邦科学アカデミーなどの会員に選ばれている。
また、アメリカ生化学会名誉会員、静岡県小笠郡大東町名誉市民などの称号を贈られている。
生い立ち 1900年(明治33年)、静岡県小笠郡千浜村(現・掛川市千浜)で小学校教師の赤堀秀雄と妻・しのの息子として生まれた。
兄弟が多く家計は苦しかったが、父から鈴木梅太郎やキュリー夫妻の話を聞いて育った。
母の営む養蚕業を手伝いながら尋常小学校を1913年(大正2年)に卒業した。
上京して叔母の家に住みながら大蔵省の給仕として働き、やがて同省専売局の化学分析室に移った。

あかぼりしろう [生]1900.10.20.静岡[没]1992.11.3.兵庫生化学者,有機化学者。東北帝国大学化学科卒業(1925)。ドイツ,アメリカに留学(32~35)後,大阪帝国大学教授(39)となり,理学部長(47~49),一般教養部長(49~50)を経て,大阪大学蛋白質研究所所長(57~60),同大学学長(60~66),理化学研究所理事長(66~70),大阪府教育委員会委員長(68)などを歴任。この間アミノ酸,蛋白質,酵素などに関する広範な研究を精力的に推進し,日本学士院会員に推され(55),日本化学会会長(69~70)。1955年「蛋白質を構成するアミノ酸の結合状態に関する研究」に対し日本学士院賞が与えられた。65年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)