芸能人・経営者のおくやみ情報

高原須美子 氏(たかはらすみこ)

経済評論家政治家[日本]

2001年 8月19日 死去悪性リンパ腫享年69歳

高原 須美子(たかはら すみこ、1933年6月16日 - 2001年8月19日)は、日本の政治家、経済評論家。
経済企画庁長官(第42代)、日本体育協会会長(第12代)、セントラル・リーグ会長(第4代)を歴任した。
東京生まれ。
東京都立武蔵高等学校、一橋大学商学部卒業。
1956年毎日新聞社入社。
『エコノミスト』記者などをへて、63年結婚して退社。
その後評論家となりテレビなどで知られる。
1989年8月、第1次海部内閣で経済企画庁長官に任命され、女性で初めて民間人閣僚に就任した。
その後、1993年に日本体育協会会長、1995年に駐フィンランド特命全権大使、1998年にセントラル・リーグ会長に就任したが、いずれのポストも女性が就任するのは初めてであった。
2001年8月19日、悪性リンパ腫のため死去した。
享年68。
父も毎日新聞社の社員、小林芳人(薬学者の小林芳人とは同姓同名の別人)。
戦時中は陸軍から懲罰召集を受けた新名丈夫ら、出征する毎日新聞社社員を編集局内で万歳三唱の音頭をとり、見送る役目を果たしたという。

たかはら-すみこ 1933-2001昭和後期-平成時代の経済評論家。昭和8年6月16日生まれ。毎日新聞社の経済誌「エコノミスト」記者をへて,昭和38年評論活動にはいる。平成元年海部内閣の経済企画庁長官に就任。5年日本体育協会会長。7年フィンランド大使。10年プロ野球セリーグ会長。平成13年8月19日死去。68歳。東京出身。一橋大卒。著作に「男性経済論への挑戦」など。 (引用元 コトバンク)