芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコラウス・オットーNikolaus August Otto

発明家[ドイツ]

(4ストロークの内燃機関を発明)

1891年 1月26日 死去享年60歳

ニコラウス・アウグスト・オットー(Nikolaus August Otto, 1832年6月10日 - 1891年1月26日)は、ドイツの発明家。
ピストン室で直接燃料を効率的に燃焼させる初めての内燃機関を発明した。
既に他にも内燃機関は発明されていたが(例えばエティエンヌ・ルノワールによるもの)、それらは4つのストロークに別れたものではなかった。
オットーが発明した当時に4ストローク機関という概念はあったが、それを実機に移したのはオットーが初めてということである。
現在でも4ストロークの概念は「オットーサイクル」という言葉に残されている。
オットーの生涯 オットーは1832年6月10日にナッサウ公国の小都市ホルツハウゼン(Holzhausen an der Haide, 現ラインラント=プファルツ州)で生まれた。
そこで初等教育を受け、1848年、16歳の時に学校を離れて生活のために食料品店で働き始め、後にケルンに転居した。
1859年に初めてエティエンヌ・ルノワールの石炭ガス燃焼機関を見た後で内燃機関の実験を始めた。

「ニコラウス・オットー」と関連する人物(故人)