芸能人・経営者のおくやみ情報

小杉武久 氏(こすぎたけひさ)

作曲家[日本]

2018年 10月12日 死去食道がん享年81歳

小杉 武久(こすぎ たけひさ、1938年3月24日 - )は日本の作曲家、演奏家。
東京生まれ、東京藝術大学楽理科卒。
大学在学中の1960年、水野修孝らと日本で最初にフリーミュージックとイベントを行う「グループ・音楽」を結成。
また、それとほぼ同時期に芸術集団フルクサスに参加。
1964年、武満徹、一柳慧とCollective musicを結成。
マース・カニングハム舞踏団の第一回日本公演で、ジョン・ケージ、デビット・チュードアと共演。
1965年、渡米し、ニューヨーク・アヴァギャルド・フェスティヴァル等に参加。
1967年、ヨーロッパで、各地のフルクサス作家と接触。
デュセルドルフ、アムステルダム、ベルリン、コペンハーゲン等でコンサート。
1969年、タージ・マハル旅行団(小杉武久、土屋幸雄、木村道弘、永井清治、長谷川時夫、林勤嗣)を結成。
ストックホルムの「ユートピア&ビジョン」、ロンドンの国際実験音楽祭「ICES’72」など国内、海外を問わず、幅広い演奏活動を行う。

音楽家。 1938年(昭和13年)3月24日、生まれ。2018年(平成30年)10月12日、死去。 おそらく、世界的には、フルクサスの一員として、「マース・カニングハム舞踏団」の音楽監督として知られている。 1938年東京生まれ。大学在学中より即興演奏を始める。60年日本で最初の集団即興演奏グループ「グループ・音楽」を結成。60年代初め、「フルクサス」に参加し数多くのイヴェント作品を発表する。 69年「タージ・マハル旅行団」を結成し、様々な場所で演奏を行う。77年アメリカ移住以来、「マース・カニングハム舞踏団」の作曲家・演奏家として活躍するとともに、個人としてもテクノロジーをしなやかに使いこなした独自の表現で、世界各地の芸術祭、コンサート、展覧会に数多く参加している。 <音楽の実験−アメリカと日本 チラシより>(ERuKaのホームページ『小杉武久』の頁による) 小杉武久によれば、「音楽」ってのは「a celebration of time」らしい。ジョン・ケージに「ハード・コアな人間」と誉められ、鉄腕アトムの足音を作った大野松雄のアシスタントのようなことをしていた経歴がある。絶対音感の持ち主らしい。子供の頃に鉱石ラジオ制作を行った経験がそもそもの出発点らしく、その後、あらゆる現象を「人間の感官では捉えられない'波'」の発現形態として捉え始め、音、光、(海の)波等々の様々な現象の背後に潜む「波」を捉まえて可聴化すること(=人間の感官で捉えられるようにすること)を自らの「演奏行為=作曲行為=音楽制作行為」として規定した。なので、小杉武久がしばしば述べるCatch Waveという言 …… (引用元 Hatena Keyword)

「小杉武久」と関連する人物(故人)