芸能人・経営者のおくやみ情報

三好十郎 氏(みよしじゅうろう)

作家[日本]

1958年 12月16日 死去享年57歳

三好十郎 - ウィキペディアより引用

三好 十郎(みよし じゅうろう、1902年4月23日 - 1958年12月16日)は昭和初期から終戦後の復興期にかけて活動した小説家、劇作家。
佐賀市生まれ。
12歳で両親を失う。
早稲田大学英文科卒業。
早稲田大学在学中から試作を発表し、プロレタリア劇の作家として活動を始めた。
その後、左翼的な活動に疑問を覚えたとして組織を離脱。
戦後は、近代の既成文学全般への批判を貫き、無頼派の一人といわれる。
1951年(昭和26年)9月、雑誌『群像』に「炎の人」を発表。
2001年4月23・24日ETVにて「吉本隆明がいま語る・炎の人・三好十郎」放映。
詩人・思想家・文芸批評家吉本隆明と京都三月書房宍戸恭一らが三好十郎の生涯と作品を論じた。
関連項目 多磨霊園 劇団民芸 フィンセント・ファン・ゴッホ 吉本隆明 宍戸恭一 著書 『炭塵』中央公論社 1931 『斬られの仙太 天狗外伝』ナウカ社 1934  『妻恋行 他三篇 リアリズム文学叢書』文学案内社 1937  『戯曲三日間』桜井書店 1943 『夢たち 戯曲』桜井書店 1943 『崖 三好十郎戯曲集』桜井書店、1946 『獅子 三好十郎戯曲集』桜井書店 1948 『その人を知らず』中央公論社 1948  『やまびこ』柊書房 1948 新戯曲文庫 『胎内』世界評論社 1949 『恐怖の季節 現代日本文学への考察』作品社 1950   『肌の匂い』早川書房 1950 『炎の人 ゴッホ小伝』河出書房・市民文庫 1951 のち講談社文芸文庫、ハヤカワ演劇文庫  『三好十郎作品集』全4巻 河出書房、1952第1巻 (浮標) のちハヤカワ演劇文庫 第2巻 (その人を知らず) 第3巻 (炎の人) 第4巻 (冒した者)『美しい人』ダヴィット社 1953 『日本および日本人 抵抗のよりどころは何か』光文社 1954 考える世代とともに 『破れわらじ』宝文館・ラジオ・ドラマ新書 1954 『樹氷』宝文館・ラジオ・ド ……

みよしじゅうろう [生]1902.4.23.佐賀[没]1958.12.16.東京劇作家。早稲田大学卒業。1924年吉江喬松教授の推薦で『早稲田文学』に詩を発表。23年前後から左翼運動に入り,28年2月壺井繁治,高見順らと左翼作家同盟を結成,5月に雑誌『左翼芸術』に処女戯曲『首を切るのは誰だ』を,続いて『疵だらけのお秋』を発表した。35年PCL(東宝の前身)のシナリオ・ライターになったこともある。51年戯曲座の指導者になり,翌年『炎の人』その他により読売文学賞を受賞。作品には『斬られの仙太』『浮標』『胎内』『彦六大いに笑う』『戦国群盗伝』などがある。 (引用元 コトバンク)