芸能人・経営者のおくやみ情報

ルチアーノ・パヴァロッティ 氏Luciano Pavarotti

声楽家、オペラ歌手[イタリア]

2007年 9月6日 死去腎不全享年73歳

ルチアーノ・パヴァロッティ - ウィキペディアより引用

ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手。
声域はテノール。
“神に祝福された声”・“キング・オブ・ハイC(三点ハの王者)”と評された豊麗な美声、申し分ない声量、明晰な発音、輝かしい高音が魅力の、20世紀後半を代表するオペラ歌手の1人。
プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られる(3人の中でパヴァロッティが最年長)。
生い立ち イタリアのモデナ生まれ。
父親はパン焼職人の傍ら、才能あるアマチュア・テノール歌手でもあった。
同郷で同い歳の名ソプラノ歌手、ミレッラ・フレーニとは幼なじみの上、同じ乳母によって育てられた。
師範学校を卒業後、声楽を学ぶ。
初舞台 1961年にレッジョ・エミーリアの声楽コンクールで優勝し、同年4月29日、同地の市立劇場で『ラ・ボエーム』のロドルフォ役を歌い、オペラの初舞台を踏んだ。

Luciano Pavarotti (1935-2007) オペラ歌手・テノール歌手。「キング・オブ・ハイC」の称号を持つ。 (引用元 Hatena Keyword)

「ルチアーノ・パヴァロッティ」と関連する人物(故人)