芸能人・経営者のおくやみ情報

スティーヴィー・レイ・ヴォーン 氏Stevie Ray Vaughan

ミュージシャン、ギター奏者[アメリカ]

1990年 8月27日 死去墜落享年37歳

スティーヴィー・レイ・ヴォーン - ウィキペディアより引用

スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan, 1954年10月3日 - 1990年8月27日)は、アメリカのブルース・ギタリスト、作曲家、歌手。
本名はStephen Ray Vaughan (スティーヴン・レイ・ヴォーン)。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第7位、2011年の改訂版では第12位。
1954年10月3日、テキサス州ダラスに生まれる。
高校を中退した後、音楽家の道を志してオースティンに向かい、そこでジョニー・ウィンターの目にとまる。
その後、「ポール・レイ・アンド・ザ・コブラス」というバンドで活動を開始し、1970年代中盤までにシングルを3枚(2枚は「コブラス」名義)発売した。
1975年、「トリプル・スレット・レヴュー」を結成。
結成時のメンバーは、その後兄ジミー・ヴォーンと来日もするルー・アン・バートン(ヴォーカル)、W.C.クラーク(ベース)、マイク・キンドレッド(キーボード)らであった。

唯一黒人ブルースマンに影響を与えた白人ブルースマン。超絶ギタリスト。頭文字を取ってSRVと通は呼ぶ。 1983年デビュー。1990年に交通渋滞を避けるために乗ったヘリコプターが墜落し亡くなる。1986年〜1989年まで「薬物依存」「アルコール中毒」のため活動休止。 余談であるが、「野村義男」はイングヴェイマルムスティーンの風貌を意識していると思われるが、実は薬物依存・アルコール中毒から復帰した時のSRVの方に似ている。 (引用元 Hatena Keyword)