芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・フィニイ 氏Jack Finney

SF作家[アメリカ]

1995年 11月16日 死去享年85歳

ジャック・フィニイ(”Jack Finney”、1911年10月2日 - 1995年11月16日) は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれのサイエンス・フィクション SF作家、推理作家、ファンタジー作家。
フィニイ(早川書房、角川書店)の表記はフィニー、フィニィの表記もある。

イリノイ州のノックス大学を卒業。
ニューヨークの広告代理店でコピーライターを勤めながら、小説を書きはじめる。

1947年、ミステリ専門誌『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の短編コンテストで、
短編「未亡人ポーチ」The Widow”s Walk(Weak Spot)によって特賞を受賞し、作家デビュー。

『五人対賭博場』 5 Against the House(1954)
『盗まれた街』 The Body Snatchers (Invasion of the Body Snatchers) (1955)

Jack Finney。アメリカ人小説家。1911〜1995。 懐古主義的な作風で、作品に「ゲイルズバーグの春を愛す」「ふりだしに戻る」などがある。 (引用元 Hatena Keyword)