芸能人・経営者のおくやみ情報

田村俊子(たむらとしこ)

作家[日本]

(別名義 : 佐藤露英・佐藤俊子)

1945年 4月16日 死去脳溢血享年62歳

田村 俊子 (たむら としこ、女性、1884年4月25日-1945年4月16日) は、日本の小説家。
別名、佐藤露英、佐藤俊子、本名、佐藤とし。
東京浅草(現在の台東区)蔵前生れ。
東京都立白鴎高等学校・付属中学校 東京府立第一高等女学校卒業、日本女子大学 日本女子大学校国文科中退。
代表作は『木乃伊(みいら)の口紅』、『炮烙(ほうらく)の刑』など。
官能的な退廃美の世界を描き、人気を得た。
没後、田村俊子賞が創設された。

代々続く札差だったという米穀商の家に生まれる。
1902年に幸田露伴の門下に入り、露伴から与えられた露英の名で、小説『露分衣(つゆわけごろも)』を発表するも、露伴から離れ、岡本綺堂らの文士劇に参加したことをきっかけに女優になる。
女優としての芸名は花房露子。
しかし文学への意欲は失われず、1909年に結婚(事実婚)した田村松魚の勧めで書いた『あきらめ』が、1911年朝日新聞 大阪朝日新聞懸賞小説一等になり文壇デビュー、その後「青鞜」、「中央公論」、「新潮」に次々と小説を発表し、人気作家となる。
しかしそれも長くは続かず、1918年、朝日新聞記者鈴木悦の後を追い、松魚と別れバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州) バンクーバーへ移住。
1936年、悦の死去により18年ぶりに帰国。
日本で小説家としての活動を再開したが、かつての筆力はなく、また佐多稲子の夫である窪川鶴次郎との情事が発覚、その経験を基に書いた小説『山道』を発表後、日本を離れ、上海で脳溢血により客死した。
享年62。
墓所は鎌倉市 鎌倉の東慶寺にある。

たむらとしこ [生]1884.4.25.東京[没]1945.4.16.中国,上海小説家。本名,佐藤とし。日本女子大学国文科を病気中退。幸田露伴に師事し,同門の田村松魚と結婚。一時期女優を志したが,『大阪朝日新聞』の懸賞小説に長編『あきらめ』(1911)が1等当選して文壇に登場。『誓言』(12),『嘲弄』(12),『遊女』(13,のち『女作者』と改題),『木乃伊(ミイラ)の口紅』(13),『圧迫』(15)など強烈な官能描写を通じて自意識の相克を描き,第一線の流行作家となった。しかし生活面では浪費癖のため破綻をきたし,愛人のあとを追ってカナダへ脱出(18),18年間在住した。1936年帰国,再起を試みたが成功せず,中国に渡り雑誌『女声』発行に従事したが客死した。60年女流文学者の作品,活動に授与される田村俊子賞が設けられた。 (引用元 コトバンク)

「田村俊子」と関連する人物(故人)