芸能人・経営者のおくやみ情報

リチャード・ハミング 氏Richard Wesley Hamming

数学者、計算機科学者[アメリカ]

1998年 1月7日 死去享年84歳

リチャード・ウェスリー・ハミング(Richard Wesley Hamming、1915年2月11日 - 1998年1月7日)は、アメリカの数学者、計算機科学者。
計算機科学や電気通信の分野で多大な功績を残した。
ハミング符号、ハミング窓、球充填(またはハミング限界)、ハミング距離などで知られる。
生涯 1915年、シカゴに生まれる。
1937年、シカゴ大学を卒業し、1939年にはネブラスカ大学で修士号、1942年にはイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でPh.D.を取得。
第二次世界大戦中はルイビル大学で教授を務め、1945年にはマンハッタン計画に参加。
同計画の物理学者らが提示した方程式を初期の電子式デジタルコンピュータを使って解くプログラミングを行う。
原爆が大気を燃やし尽くすことがないかを計算で確かめるためのプログラムだった。
その結果、そのような心配がないことがわかり、アメリカはニューメキシコ州で実験を行った後、日本に2発の原爆を投下した。
1946年から1976年までベル研究所で働き、クロード・シャノンと共同研究した。