芸能人・経営者のおくやみ情報

山本悌二郎(やまもとていじろう)

政治家実業家[日本]

1937年 12月14日 死去脳溢血享年68歳

山本悌二郎 - ウィキペディアより引用

山本 悌二郎(やまもと ていじろう、明治3年1月10日 (旧暦) 1月10日(1870年2月10日) - 昭和12年(1937年)12月14日)は、日本の男性政治家、実業家。
元農林大臣 。
元外務大臣 (日本) 外務大臣の有田八郎は弟。

新潟県真野町(現・佐渡市)に、漢方医・山本桂の二男として生まれる。
1882年に上京し、一時期二松学舎に在籍した後、獨逸学協会学校(現・獨協中学・高等学校)に転校しドイツ語を学ぶ。
1886年に同校を卒業後、宮内省給費生としてドイツ帝国 ドイツに留学し、経済学・農芸化学を学ぶ。
1894年帰国後は宮内省御料局嘱託、第二高等学校 (旧制) 第二高等学校教授、日本勧業銀行鑑定課長を経て、1900年台湾製糖(三井製糖の前身企業の一つ)設立に参画し常務取締役支配人となる。
1921年社長に就任。

実業家。政治家。 1870年(明治3年)1月10日、生まれ。1937年(昭和12年)12月14日、死去。68歳だった。 新潟県出身。 有田八郎の兄。 第二高等学校教授から実業界に転じ、台湾製糖の創立に参画、のち社長。 1904年(明治37年)、衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選11回。田中義一・犬養毅内閣の農林大臣を務める。 (引用元 Hatena Keyword)