芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・ルイス・スティーヴンソンRobert Louis Balfour Stevenson

作家詩人[イギリス]

1894年 12月3日 死去享年45歳

ロバート・ルイス・スティーヴンソン - ウィキペディアより引用

ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソン(Robert Louis Balfour Stevenson、1850年11月13日 - 1894年12月3日)は、イギリスのスコットランド、エディンバラ生まれの小説家、冒険小説作家、詩人、エッセイストである。
弁護士の資格も持っていた。
「スティーヴンスン」「スティーブンスン」とも表記される。
生涯 父トーマス、祖父ロバートは共に灯台建設を専門とする建築技術者だった。
母がマーガレット・バルフォア。
彼もエディンバラ大学の土木工学科に入学するが、のち法科に転科、弁護士になる。
18歳の時、名前の間に入っていたバルフォアを外し、セカンドネームの「Lewis」を「Louis」に変更。
以後、名前を略称するときはRLSと名乗る。
生まれつき病弱で、各地を転地療養しながら作品を創作した。
処女作は1876年の紀行文『内陸の旅人(内地の旅人)』、続いて1878年に『驢馬の旅』を執筆する。
その後は『ヴァージニバス・ピュエリスケ』、『わが親しめる人と書物』の二つのエッセイを執筆した。

「ロバート・ルイス・スティーヴンソン」と関連する人物(故人)