芸能人・経営者のおくやみ情報

森本雅樹 氏(もりもとまさき)

文学者[日本]

2010年 11月16日 死去心不全享年79歳

森本 雅樹(もりもと まさき、1932年5月14日 - 2010年11月16日)は、日本の天文学者。
専門は、電波天文学。
数学者・森本 清吾、森本 治枝の次男。
実業家・教育家の深沢 利重の孫。
弟は西洋史学者の森本芳樹。
東京府(現・東京都)出身。
畑中武夫の弟子で、日本の宇宙電波研究の定着に努力したことで知られている。
「森本おじさん」の愛称で親しまれており、弟子には海部宣男らがいる。
国際天文学連合電波天文学委員会委員長を歴任。
東京天文台時代より、師匠である畑中武夫より薫陶を受けた分かりやすい解説で、「森本おじさん」の名前で呼ばれる。
そのためか、メディア出演や講演会なども多く、公報担当者としても良く知られている。
電波天文学分野においては、いち早く短い波長の観測を提唱し、6mミリ波電波望遠鏡の建設においても主導的な役割を行う。
野辺山宇宙電波観測所では、裏方であった赤羽賢司を支え、各地での講演会などを引き受けた。
弟子の海部宣男とは飲み友達であるが、いつも天文談義をしていた。
甥にはゲームフリークのディレクターの森本茂樹がいる。

もりもと-まさき 1932-2010昭和後期-平成時代の天文学者。昭和7年5月14日生まれ。54年東京天文台(現国立天文台)教授となり,野辺山宇宙電波観測所の建設を手がけ,61年所長。同観測所の45mミリ波望遠鏡を開発し,海部宣男(かいふ-のりお)とともに62年仁科記念賞。平成5年国立天文台を退官し,鹿児島大教授,兵庫県立西はりま天文台公園長。平成22年11月16日死去。78歳。東京出身。東大卒。著作に「星の一生」「宇宙をはかる」など。 (引用元 コトバンク)

「森本雅樹」と関連する人物(故人)