芸能人・経営者のおくやみ情報

吉行エイスケ(よしゆきえいすけ)

作家詩人[日本]

1940年 7月8日 死去狭心症享年35歳

吉行 エイスケ(よしゆき えいすけ、本名:栄助、1906年(明治39年)5月10日 - 1940年(昭和15年)7月8日)は、日本のダダイスト詩人、小説家。
アナキズムに傾倒し、旧制第一岡山中学校(現・県立岡山朝日高校)を4年時に退学し詩作に励む。
その翌年当時まだ学生の吉行あぐりと結婚し、長男の吉行淳之介が生まれるが暮らし向きは良くなかった。
上京後、詩人の辻潤、清沢清志、高橋新吉らと交友を通し、『ダダイスム』を発行、1926年『虚無思想』を新居格らと主宰し新興芸術派の旗手と目されるが、1933年には断筆し、1940年に狭心症のため急死した。
34歳の若さだった。
1906年 岡山県御津郡金川町(現在の岡山市北区御津金川)に土木請負業(吉行組)を営む吉行澤太郎、盛代の長男として生まれる。
吉行組は、エイスケの弟が後継し、現在も盛業中。
1922年 第一岡山中学校(現在の県立岡山朝日高校)中退。
東京の目白中学に在籍。
1923年 吉行あぐりと結婚し岡山市桶屋町(現在の岡山市北区平和町・磨屋町・野田屋町一丁目)に転居 1924年 『売恥醜文』創刊号を出す。

「吉行エイスケ」と関連する人物(故人)