芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニン・レーモンド 氏Antonin Raymond

建築家[チェコスロバキア→アメリカ]

1976年 10月25日 死去享年89歳

アントニン・レーモンド - ウィキペディアより引用

アントニン・レーモンド(Antonin Raymond, 1888年5月10日 - 1976年10月25日)はチェコ出身の建築家。
フランク・ロイド・ライトのもとで学び、帝国ホテル建設の際に来日。
その後日本に留まり、モダニズム建築の作品を多く残す。
日本人建築家に大きな影響を与えた。
第二次大戦時アメリカの対日戦争協力者でもあった。
生涯 アントニン・レーモンドはオーストリア=ハンガリー帝国(現在のチェコ)クラドノに、父アロイと母ルジーナの間の1男第3子アントニーン・ライマン(Antonín Reimann)として生まれる。
プラハ工科大学で建築を学び、卒業後の1910年にアメリカへ移住。
カス・ギルバートの下で働き、1916年にアメリカの市民権を得ると共に姓をレーモンド(Raymond)に改姓する。
同年妻ノエミの友人の紹介でフランク・ロイド・ライトの事務所に入所。
1918年、第1次世界大戦が勃発すると、アメリカ軍から徴兵され、一旦はライトの下を離れる。
大戦終了後、ライトから帝国ホテル設計のための日本行きを打診され、再びライトの下で働くことになる。