芸能人・経営者のおくやみ情報

ノストラダムスMichal Nostradamus

医師、占星術師、詩人[フランス]

(ユリウス暦) 1566年 7月2日 死去享年64歳

ノストラダムス - ウィキペディアより引用

ミシェル・ノストラダムス(Michel Nostradamus、1503年12月14日 - 1566年7月2日)は、ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。
また料理研究の著作も著している。
日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。
彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。
本名はミシェル・ド・ノートルダム (Michel de Nostredame) で、これはフランス語による。
よく知られるノストラダムスの名は、姓をラテン語風に綴ったものである。
しばしば、「ミシェル・ド・ノストラダムス」と表記されることもあるが、後述するように適切なものではない。
ノストラダムスは改宗ユダヤ人を先祖とし、1503年にプロヴァンスで生まれ、おそらくアヴィニョン大学で教養科目を、モンペリエ大学では医学を、それぞれ学んだ。
南仏でのペスト流行時には積極的に治療にあたり、後年にその時の経験などを踏まえて『化粧品とジャム論』などを著した。

Nostradamus [生]1503.12.14.サン・レミ・ド・プロバンス[没]1566.7.2.サロン・ド・プロバンスフランスの占星術師,医師,また史上最も広く読まれた予言書の著者。ノストラダムスの名はラテン語によるもので,フランス語名はミシェル・ド・ノートルダムMicheldeNostredame。1521年から9年間に及ぶ放浪生活と薬草研究ののち,29年モンペリエ大学医学部に入学した。32年末に博士号を取得後,33年に医師としてアジャンに移住。やがて妻子を疫病で失うと再び長い放浪生活に入るが,47年サロン・ド・プロバンスで再婚,医師として開業した。その間,46年にはエクサンプロバンス,翌年にはリヨンで,ペスト治療の斬新な処置と薬品の処方で名声を上げている。55年,『予言集』LesProphetiesdeM.MichelNostradamusを刊行。100編の四行詩を集めた「詩百編」(サンチュリcenturie)3巻と第4巻の一部53編とを合せた4巻353編の予言詩から成る。同年または翌年,フランス国王アンリ2世の王妃カトリーヌ・ド・メディシスによって宮廷に招かれ,王子たちの運命を占った。58年には新しい予言を加えた『予言集』新版を刊行し,64年新国王シャルル9世の侍医に任命される。フランス語のほかスペイン語,ラテン語,ヘブライ語が混在する謎めいた文体と内容ゆえに,ノストラダムスの予言はたえず大きな論争を生み出してきた。18世紀のフランス革命の一部詳細をはじめとして,予言のうちのいくつかは後世の史実を言いあてていたとも考えられている。 (引用元 コトバンク)