芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンダー・フレミング 氏Alexander Flemming

細菌学者[イギリス]

(ペニシリンの発見者)

1955年 3月11日 死去享年75歳

アレクサンダー・フレミング - ウィキペディアより引用

サー・アレクサンダー・フレミング(Sir Alexander Fleming, 1881年8月6日 - 1955年3月11日)はイギリスの細菌学者である。
抗菌物質リゾチーム(lysozyme)と、アオカビ(Penicillium notatum)から見出した世界初の抗生物質、ペニシリンの発見者として知られている。
クライズデール銀行が発行する5ポンド紙幣に肖像が使用されている。
業績 フレミングは、スコットランドのエアシャー地方(en)、ロッホフィールド(Lochfield)の農場で生まれ、そしてキルマーノック(Kilmarnock)のリージェント工芸学校で2年間教育を受けた。
彼は、商船会社に4年間勤めた後に、1906年ロンドン大学セント・メアリーズ病院医学校を卒業する。
医学校卒業後、セント・メアリーズ病院(en)の接種部に、A・E・ライトの助手として入った。
この年に医学博士になっている。
その後は第一次世界大戦で同病院が破壊されるまで、同医学校に所属した。
1914年召集され、第一次世界大戦の間、彼は多くの同僚とともにフランスの戦場病院に参加した。