芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンドル・デュマ・ペールAlexandre Dumas

作家[フランス]

1870年 12月5日 死去享年69歳

アレクサンドル・デュマ・ペール - ウィキペディアより引用

アレクサンドル・デュマ(仏: Alexandre Dumas, 1802年7月24日 - 1870年12月5日)は、フランスの小説家。
『椿姫』を著した同名の息子と区別するために、「父」を意味する père を付して大デュマ(Dumas, père)とも呼ばれる。
1802年7月24日に同名の父トマ=アレクサンドル・デュマ将軍と母マリー=ルイーズ=エリザベート・ラブーレの子として北フランスエーヌ県ヴィレール・コトレに生まれる。
父デュマは、黒人と白人が混血した、いわゆるクレオールである(フランスなどでは混血したほうが血が強くなる、という考え方がある)。
その勇猛さから「黒い悪魔 Le diable noir」とあだ名された。
ナポレオンがデュマ将軍の死後、遺族に終身年金を下付しなかったため、幼少期は貧しい生活を余儀なくされ、まともな学校教育を受けることが出来なかった。
ただし、本人自身も勉強に身をいれるようなことはなかったという。
15歳で、公証人役場で見習いとして働きはじめるが、17歳のときに『ハムレット』の劇を見て感激し、劇作家を目指す。

Alexandre Dumas 1802年7月24日〜1870年12月5日 フランスの小説家。「椿姫」などを著した同名の息子と区別するために「父」を意味する「ペール(père)」を付けてこのように呼ばれている。代表作に「三銃士」「モンテ・クリスト伯」などがある。 (引用元 Hatena Keyword)