芸能人・経営者のおくやみ情報

南博 氏(みなみひろし)

社会心理学者[日本]

2001年 12月17日 死去肺炎享年88歳

南博 - ウィキペディアより引用

南 博(みなみ ひろし、1914年7月23日 - 2001年12月17日)は、日本の社会心理学者。
日本女子大学教授、一橋大学社会学部教授や成城大学教授を歴任。
日本社会心理学会第3期・第9期・第10期理事長。
来歴・人物 1914年東京市赤坂区田町(現在の東京都港区赤坂)に生まれる。
父は南大曹(医師、日本医科大学教授、日本消化器病学会会長、財団法人癌研究会理事長、南胃腸病院院長)。
石川千代松は祖母の弟。
大倉喜八郎は叔母の祖父であり、林達夫も叔母の縁続きにあたる。
慶應義塾幼稚舎、東京高等学校 (旧制) 尋常科から理科乙類を経て、父親の希望により医師を志すが、父の激務に恐れをなし1937年東京帝国大学医学部を中退。
1940年京都帝国大学文学部哲学科卒、同年京都帝国大学文学部副手就任。
母親の幼友達であった高木貞二(心理学者、東京大学教授)の推薦を受け、アメリカのコーネル大学大学院に留学しダレンバックに師事、1943年コーネル大学Ph.D.。

みなみ-ひろし 1914-2001昭和後期-平成時代の社会心理学者。大正3年7月23日生まれ。アメリカのコーネル大大学院でまなぶ。昭和22年帰国,日本女子大,一橋大,成城大の教授を歴任。日本における社会心理学の体系化につとめる。マスコミュニケーションの理論を紹介したほか,日本人のパーソナリティーを多面的に分析,評論活動もおこなった。平成13年12月17日死去。87歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「社会心理学」「日本人の心理」など。 (引用元 コトバンク)