芸能人・経営者のおくやみ情報

香山滋 氏(かやましげる)

作家[日本]

(本名・山田鉀治、「怪獣ゴジラ」の原作者として知られる)

1975年 2月7日 死去心不全享年72歳

香山 滋(かやま しげる、1904年(明治37年)7月1日 - 1975年(昭和50年)2月7日)は小説家で、探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。
本名は山田鉀治(やまだ こうじ)。
東京都出身。
東京神楽坂に生まれる。
東京府立第四中学卒業後、法政大学経済学部を中退し、大蔵省に入省して預金部に勤める。
1940年、短歌誌「蒼生」に参加し、歌人として文芸活動を開始。
代表的短歌は「月二つ空にかかれり今宵われ酔い痴れしとは思われなくに」。
1946年、雑誌『宝石』の第1回懸賞に応募した「オラン・ペンデクの復讐」が入選。
以後同誌などで旺盛に創作活動を開始し、第2作『海鰻荘奇譚』で日本探偵作家クラブ賞新人賞受賞。
1949年5月に大蔵省を退任し、1年半ほど岩谷書店嘱託となる。
多くの空想小説、秘境探険小説で珍獣、怪獣を登場させていたことで、1954年に香山のファンだという東宝プロデューサーの田中友幸に、水爆を象徴するような大怪物という意図で『G作品』(ゴジラ)のストーリー作りを任され、原案とシナリオを提供。

かやま-しげる 1909-1975昭和時代後期の小説家。明治42年7月1日生まれ。大蔵省に勤務。昭和22年第1作「オラン・ペンデクの復讐(ふくしゅう)」を発表。23年「海鰻(かいまん)荘奇談」で第1回日本探偵作家クラブ新人賞。幻想・怪奇ものをかく。映画「ゴジラ」の原作で知られる。昭和50年2月7日死去。65歳。東京出身。法大中退。本名は山田鉀治(こうじ)。作品はほかに「ソロモンの桃」「蜥蜴(とかげ)の島」など。 (引用元 コトバンク)