芸能人・経営者のおくやみ情報

南条文雄(なんじょうぶんゆう)

仏教学者宗教家[日本]

1927年 11月9日 死去享年79歳

南條 文雄(なんじょう ぶんゆう、嘉永2年5月12日(1849年7月1日) - 昭和2年(1927年)11月9日)は、日本の明治・大正期に活躍した仏教学者・宗教家。
南条文雄とも表記されるが、南條が正しい。
字は碩果、松坡。
近代以前からの伝統的な仏教研究の上に、西洋近代の実証的・客観的な学問体系と方法論を初めて導入した。
早い時期から仏典の原典であるサンスクリット(梵語)テキストの存在に注目。
主要な漢訳経典との対校を行なうとともに、それらの成果をヨーロッパの学界に広く紹介するなど、近代的な仏教研究の基礎形成に大きな役割を果たした。
美濃国大垣船町(現・岐阜県大垣市)の誓運寺(真宗大谷派)に生まれる。
幼名は格丸、または格順。
幼時より漢学・仏典の才に優れる。
1866年、大垣藩の僧兵隊に参加。
1868年、京都東本願寺の高倉学寮に入り翌年帰郷。
1871年、高倉学寮で教鞭を取っていた福井県憶念寺南条神興の養子となり南条姓に改姓、再び学寮に赴き護法場でキリスト教など仏教以外の諸学を修めた。

「南条文雄」と関連する人物(故人)