芸能人・経営者のおくやみ情報

ベニグノ・アキノ・ジュニア 氏Benigno Simeon "Ninoy" Aquino, Jr.

政治家[フィリピン]

1983年 8月21日 死去暗殺享年52歳

ベニグノ・アキノ・ジュニア - ウィキペディアより引用

『ベニグノ・アキノ』より : “ニノイ”ベニグノ・シメオン・アキノ・ジュニア(英語: Benigno Simeon "Ninoy" Aquino, Jr., 1932年11月27日 - 1983年8月21日)は、フィリピンの政治家。
上院議員(1期)、大統領国防省顧問、タルラック州知事(2期)、タルラック州副知事、コンセプシオン市長(1期)、自由党幹事長を務めた。
通称が「ニノイ」であったため、ニノイ・アキノという呼び名で知られた。
独裁体制を敷いたフェルディナンド・マルコス大統領時代、国民に広く人気があったベニグノ・アキノは、マルコス政権にとっての脅威であり国外追放されていたが、追放先のアメリカ合衆国から帰国した際、マニラ国際空港で暗殺された。
ニノイの死後、エドゥサ革命によりマルコス政権は崩壊し、ベニグノの妻コラソン・アキノ(コリー)が大統領に就任した。
生涯 人気政治家 ベニグノ・アキノは、タルラック州コンセプシオンで、地元の名士の家に生まれた。
祖父はエミリオ・アギナルドの側近として活躍し、父ベニグノ・アキノ・シニアもホセ・ラウレル政権下で活躍した政治家だったが、晩年は太平洋戦争時の対日協力者として批判を受けた。

Benigno Servillano "Ninoy" Aquino Jr. 1932年11月27日〜1983年8月21日 フィリピンの政治家。妻はフィリピン共和国第11代大統領コラソン・アキノ。 上院議員としてマルコス独裁政権と対決していたが、1983年にマニラ国際空港で暗殺された。 (引用元 Hatena Keyword)