芸能人・経営者のおくやみ情報

オリバー・クロムウェルOliver Cromwell

政治家、軍人[イギリス]

(イングランド共和国初代護国卿)

1658年 9月3日 死去マラリア享年60歳

オリバー・クロムウェル - ウィキペディアより引用

オリバー・クロムウェル(英語: Oliver Cromwell, 1599年4月25日 - 1658年9月3日)は、イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。
鉄騎隊を指揮してエッジヒルの戦いやマーストン・ムーアの戦いで活躍し、ニューモデル軍(新模範軍)の副司令官となる。
ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。
護国卿時代には独裁体制をしいた。
生涯 イングランド東部・ハンティンドンシャーのピューリタンでありジェントリ階級の地主の家庭に生まれる。
大伯父にヘンリー8世の元で「行政革命」を実施した政治家トマス・クロムウェルを持つ名家であった。
ケンブリッジ大学で学び、1628年に庶民院議員となる。
1629年の議会解散後、また故郷に帰って治安判事となり、1631年に土地を売ってセント・アイヴズに移り牧場を経営したが、1638年にイーリーに移った。
議会軍の鉄騎隊 クロムウェルは1640年の短期議会及び長期議会にはケンブリッジから選出された。