芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード2世Edward II

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1327年 9月21日 死去暗殺享年44歳

エドワード2世 - ウィキペディアより引用

『エドワード2世 (イングランド王)』より : エドワード2世(Edward II, 1284年4月25日 - 1327年9月21日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位:1307年7月7日 - 1327年1月20日)。
エドワード1世の子。
1307年に父王の崩御で即位。
ギャヴィストンやディスペンサー父子などの寵臣に政治を主導させ、諸侯や議会との対立を深めた。
1326年に王妃イザベラが起こしたクーデタで幽閉の身となり、その翌年には議会から廃位されたうえ、王妃の密命で殺害された。
生涯 生い立ち 1284年4月25日、イングランド王エドワード1世と王妃エリナー・オブ・カスティルの四男としてウェールズのカーナーヴォン城で生まれた。
上の兄三人はいずれも幼くして薨去したため、嫡男の立場だった。
10歳の頃の1294年に同世代のピアーズ・ギャヴィストンを遊び友達として付けられ、親密な関係となる。
以降彼への寵愛が始まる(同性愛の関係とも)。
1301年、父王は、イングランド支配下ウェールズの人心を掌握することを目的としてルウェリン・アプ・グリフィズが所持していたウェールズ大公(プリンス・オブ・ウェールズ)の称号をエドワードに授けた。

エドワードにせいEdwardII [生]1284.4.25.ウェールズ,カーナボン[没]1327.9.21.ブリストル,バークリー城イギリス,プランタジネット朝のイングランド王(在位1307~27)。エドワード1世の第4子。ウェールズ生れであることからプリンス・オブ・ウェールズの称をもった最初の皇太子。即位後,父王の命で追放されていた騎士P.ギャビストンを呼戻し,信任するなど失政多く,対スコットランド戦争の失敗などにより,王妃イザベルや貴族の反抗を招き,捕えられて廃位され,バークリー城で死んだが,殺されたらしい。 (引用元 コトバンク)