芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ9世Louis IX

フランス国王[フランス]

(ユリウス暦) 1270年 8月25日 死去ペスト享年57歳

ルイ9世 - ウィキペディアより引用

『ルイ9世 (フランス王)』より : ルイ9世(Louis IX, 1214年4月25日 - 1270年8月25日、在位:1226年 - 1270年)は、フランス王国カペー朝第9代の国王でルイ8世とカスティーリャ王アルフォンソ8世の娘ブランシュの子。
死後、カトリック教会より列聖されSaintが称され、ここから、Saint-Louis(サン=ルイ)と呼ばれるようになった。
これは日本語では聖ルイあるいは聖王ルイと訳される。
米国の都市、セントルイス(ミズーリ州)の地名の由来ともなった。
ブルボン家の先祖でもあり、同家の王の多くがルイを名乗るのも彼に由来すると思われる。
同じく聖王と称されたカスティーリャ王フェルナンド3世は従兄。
内政に力を入れ長期の平和を保ったため、彼の治世の間、フランス王国は繁栄した。
国内外を問わず、争いを収めるよう努力したためヨーロッパの調停者と呼ばれ、高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価されている。
ただ、宗教的情熱から2回の十字軍を行ったが、莫大な費用を費やし、自身も捕虜となるなど散々な負け戦を喫し、失敗に終わっている。