芸能人・経営者のおくやみ情報

中村光夫 氏(なかむらみつお)

文芸評論家作家[日本]

(本名・木庭一郎)

1988年 7月12日 死去肺炎享年78歳

中村光夫 - ウィキペディアより引用

中村 光夫(なかむら みつお、1911年(明治44年)2月5日 - 1988年(昭和63年)7月12日)は、文芸評論家、作家。
本名、木庭一郎(こば いちろう)。
第6代日本ペンクラブ会長、文化功労者、日本芸術院会員。
私小説批判で有名。
来歴・人物 東京市下谷区練塀町(現在の東京都台東区秋葉原)生まれ。
祖父木庭榮は医師。
1917年、東京市本郷区追分小学校に入学。
本郷区誠之小学校に転じて卒業後、1923年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)に入学。
附属中の同級生には、石川馨(東京大学名誉教授)、島田秀夫(日本サッカー協会名誉会長)、小川平四郎(初代駐中国大使)などがいる。
1928年第一高等学校文科丙類(仏語クラス)入学。
1931年4月東京帝国大学法学部に入学するが、6月退学。
翌1932年4月東京帝国大学文学部仏文学科に再入学し、1935年3月に卒業。
卒論のテーマはギ・ド・モーパッサン。
この時期は、プロレタリア文学にも影響を受け、そうした習作も書いていた。
大学時代から『文學界』に評論を発表、1935年文芸時評を連載して新進の文芸評論家として注目される。

なかむらみつお [生]1911.2.5.東京[没]1988.7.12.神奈川,鎌倉評論家,劇作家,小説家。本名,木庭(こば)一郎。第一高等学校を経て1935年東京大学仏文科卒業。在学中から小林秀雄の知遇を得,『二葉亭四迷論』(1936)で評壇の新人として登場。第2次世界大戦後は『風俗小説論』(50),『異邦人論』(52)のほか『谷崎潤一郎論』(51~52),『志賀直哉論』(53),『佐藤春夫論』(61~62)などの長編作家論を書き,『ふたたび政治小説を』(59)の硬文学待望論も話題を呼んだ。小説『わが性の白書』(63),『贋の偶像』(66),戯曲『人と狼』(57),『パリ繁昌記』(60),『汽笛一声』(64)などの作品がある。67年日本芸術院賞受賞。70年日本芸術院会員。74年日本ペンクラブ会長。82年文化功労者。 (引用元 コトバンク)