芸能人・経営者のおくやみ情報

山川方夫 氏(やまかわまさお)

作家[日本]

1965年 2月20日 死去交通事故享年36歳

山川方夫 - ウィキペディアより引用

山川 方夫(やまかわ まさお、本名:山川 嘉巳、1930年2月25日 - 1965年2月20日)は日本の作家。
東京市下谷区上野桜木町(現在の東京都台東区上野桜木町)にて、日本画家山川秀峰の長男として生まれ、品川区下大崎(現在の品川区東五反田)に育つ。
1936年、慶應義塾幼稚舎に入学。
1942年、慶應義塾普通部に進学。
1945年、敗戦を疎開先の神奈川県中郡二宮町の父の別荘で迎える。
1947年、慶應義塾予科文学部に入学。
在学中に学制改革を経て慶應義塾大学文学部仏文科に進む。
1952年に卒業。
卒論はサルトル。
慶應義塾大学大学院文学研究科仏文専攻に入学。
『三田文学』に参加。
1953年、大学院中退。
1954年、田久保英夫、桂芳久と共に第3次『三田文学』を創刊。
新人発掘に力を注ぎ曾野綾子、江藤淳、坂上弘などの作品を掲載する。
1956年、編集を退く。
1958年、『演技の果て』で第39回芥川賞候補となる。
1959年、『その一年』『海の告発』で第40回芥川賞候補となる。
1960年、中原弓彦編集の『ヒッチコック・マガジン』誌に登場し、ショートショートを執筆。

【やまかわまさお】 小説家。本名嘉巳(よしみ)。東京生れ。慶応大学卒。父は日本画家山川秀峰。戦後第3次《三田文学》の編集を担当,江藤淳らを世に送り出した。自らも同誌に《日々の死》を連載。〈不毛の世代〉を代表して,戦後の自己の青春をサルトル的な自意識や演技という主題で追求。《文学界》に発表した短編《演技の果て》《その一年》《帰任》《海の告発》のうち3編が芥川賞候補となる。短編集《海岸公園》,《愛のごとく》などがある。 (引用元 コトバンク)

「山川方夫」と関連する人物(故人)