芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤清永 氏(いとうきよなが)

画家[日本]

2001年 6月5日 死去急性心不全享年91歳

伊藤 清永(いとう きよなが、1911年2月24日 - 2001年6月5日)は、昭和期の洋画家である。
裸婦像の名手として知られる。
兵庫県出石郡出石町下谷(現在の豊岡市)生まれ。
日展および白日会を中心に活躍した。
元愛知学院大学教授。
1911年 - 兵庫県出石町下谷に生まれる 1928年 - 岡田三郎助門下生となり本郷研究所入所 1935年 - 東京美術学校油絵科卒業 1936年 - 文部省美術展で「磯人」が選奨(特選)受賞 1947年 - 日展で「I夫人像」が特選受賞 1948年 - 日展で「室内」が特選受賞 1953年 - 伊藤絵画研究所創設 1956年 - 日展審査員 1962年 - 渡欧し、フランスとオランダで制作 1977年 - 「曙光」が日本芸術院恩賜賞および日展内閣総理大臣賞受賞 1984年 - 日本芸術院会員 1989年 - 兵庫県文化賞を受賞し兵庫県公館に作品が展示保存される。

いとうきよなが [生]1911.2.24.兵庫[没]2001.6.5.洋画家。1928年上京して岡田三郎助に師事。1935年東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科卒業。1933年白日会展で白日会賞受賞。1947年と1948年に『I夫人像』『室内』で日展に連続特選。1976年『曙光』で日展内閣総理大臣賞ならびに芸術院賞恩賜賞を受賞。ルノアール風の筆致に日本的な感性を加味した豊かな色彩と感覚で,一貫して女性の裸体美を追求した。1991年文化功労者。1996年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)