芸能人・経営者のおくやみ情報

青野季吉 氏(あおのすえきち)

文芸評論家[日本]

1961年 6月23日 死去胃がん享年72歳

青野 季吉(あおの すえきち、1890年(明治23年)2月24日 - 1961年(昭和36年)6月23日)は日本の文芸評論家。
生涯 新潟県佐渡市出身。
早稲田大学英文科卒業後、読売新聞記者を経て、1922年(大正11年)からプロレタリア文学評論家として文筆活動を始め、『種蒔く人』の同人として活動。
「しらべた芸術」「目的意識論」などで、1920年代前半のプロレタリア文学運動の指導的な立場に立った。
評論活動のかたわら、(第一次)日本共産党員として実践活動をおこない、第一次共産党解散後、残務処理のための「ビューロー」で活動し、1924年(大正13年)には党の再建のため、徳田球一とともに上海に渡ったこともある。
帰国後は実践活動から退き、『文藝戦線』における文筆活動に専念した。
1926年(大正15年)に最初の評論集『解放の芸術』を出版し、以後プロレタリア文学評論家として活動したが、1927年のプロレタリア文学団体の分裂の際には、労農芸術家連盟(労芸)に所属し、「文藝戦線」派の重鎮として、「戦旗」派とは一線を画した。

あおのすえきち [生]1890.2.24.新潟,佐渡[没]1961.6.23.東京評論家。1915年早稲田大学英文科卒業。新聞記者などを経て,22年『心霊の滅亡』で文芸評論家として認められ,同年日本共産党に入党(1924離脱)。『種蒔く人』から『文芸戦線』創刊期にいたる初期プロレタリア文学運動の指導理論家として活躍。その後,社会民主主義に傾斜した。代表作は外在批評の提唱や闘争目的の自覚を説く『自然生長と目的意識』(26)などであるが,人民戦線事件(38)で検挙されて転向。第2次世界大戦後は日本ペンクラブの再建に努め,日本文芸家協会会長をつとめるなど,ヒューマニズムの立場から幅広い活動を展開した。評論集『転換期の文学』(27),自叙伝『文学五十年』(56~57)など。 (引用元 コトバンク)