芸能人・経営者のおくやみ情報

チェスター・ニミッツ 氏Chester William Nimitz, Sr.

海軍元帥[アメリカ]

(第二次世界大戦中のアメリカ太平洋艦隊司令長官兼太平洋戦域最高司令官)

1966年 2月20日 死去享年82歳

チェスター・ニミッツ - ウィキペディアより引用

チェスター・ウィリアム・ニミッツ(Chester William Nimitz、1885年2月24日 - 1966年2月20日)は、アメリカ海軍の軍人、最終階級は元帥。
テキサス州出身。
第二次世界大戦中のアメリカ太平洋艦隊司令長官および連合国軍の中部太平洋方面の陸海空3軍の最高司令官として日本軍と戦った。
生涯 生い立ち ニミッツは1885年2月24日にアメリカ合衆国テキサス州フレデリックスバーグ生まれのドイツ系移民(ドイツ系アメリカ人)。
ニミッツの祖先はザクセン地方出身のフライヘル(男爵)の称号を持ち、1648年に三十年戦争の終了後ハノーファー近くに定住していたが、没落して平民となり、ニミッツの曽祖父ハインリヒ・ニミッツの代で放蕩の為に家財を失い、船会社に就職した。
ニミッツの祖父チャールズ(14歳で船員)らと共にアメリカ南部のサウス・カロライナ、チャールストンに1840年から4年間の間に家族すべてが移住した。

[英] Chester William Nimitz チェスター・ウィリアム・ニミッツ(1885年2月24日 - 1966年2月20日)は、アメリカ合衆国海軍軍人、最終階級は元帥。 アメリカ合衆国テキサス州フレデリックスバーグ生まれのドイツ系移民。 第二次世界大戦中、アメリカ太平洋艦隊司令長官および連合国軍の中部太平洋方面の陸海空3軍の最高司令官。 独特の大様さがあり、日本海軍には勝てないのではないか、と思っていたアメリカの将校たちにユーモラスなスピーチをし、結果将校たちのやる気を導くなど、戦争指導者として優れた実績を残した。 (引用元 Hatena Keyword)