芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・グリムWilhelm Carl Grimm

言語学者文学者[ドイツ]

(グリム兄弟の弟)

1859年 12月16日 死去享年74歳

ヴィルヘルム・グリム - ウィキペディアより引用

ヴィルヘルム・カール・グリム(Wilhelm Carl Grimm, 1786年2月24日 - 1859年12月16日)は、ドイツの言語学者・文学者、並びに童話・伝承の収集者。
彼の生涯と業績は、兄のヤーコプ・グリムと密接に関係し、しばしば2人あわせてグリム兄弟として語られることが多い。
生涯 ハーナウに生まれ、役人だった父親が1791年に赴任したシュタイナウで子ども時代を過ごした。
兄ヤーコプと同様カッセルのリツェウムに学び、その後マールブルク大学に進学。
そこでフリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーのもとで法学を学んだ。
大学卒業後は、カッセルに戻り母親のもとで暮らした。
持病の喘息と心臓病で、長時間にわたり決まった仕事を続けるのが困難であったためである。
1806年以来、兄のヤーコプと共に昔話の聞き取り調査を始めた。
これが後にまとめられ、彼らの編集で世に出ることになるものである。
1809年、著名な医師ヨハン・クリスティアン・ライル (Johann Christian Reil) と共にハレに保養旅行に出かける。

Wilhelm Karl Grimm ドイツの言語学者・文献学者。 1786年2月24日、生まれ。1859年、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「ヴィルヘルム・グリム」と関連する人物(故人)